about Dog Food

ドッグフードのあれこれ、教えます!

ドッグフードのメリットや種類について

ドッグフードをペットに与えることのメリットとして、価格が安いことが挙げられます。
犬に必要なたんぱく質を安価で摂取できます。
また保存がしやすいことも魅力で、一度購入すれば、常温で置いておくことができ、これは消費者のみでなく販売者の保管や輸送にも大きなメリットになります。
そして、ペットに与える場合は、計量カップなどに入れてお皿やボウルに入れるだけななので準備も簡単です。
さらに、総合栄養食であるドッグフードを選ぶと他に水を与えるだけで、大切なペットの健康を維持することができます。
このようなドッグフードは、含まれている水分によって分類することができます。
同じフードばかりを毎日食べると、ペットも飽きてしまうことがあるので、たまに匂いや食感の違うフードをあげると気分転換ができ、食欲も回復します。
水分の含有量が10%以下のフードをドライタイプといいます。
次に、25%から30%の水分含有量はセミモイストタイプで、品質の保持をするために砂糖や防カビ剤などの添加物を使用しています。
この他、さらに水分が含まれる量が多いフードをウェットタイプといい、肉のにおいや食感が強く残っているのでペットの満足度も高いのが特徴です。

安心安全なドッグフードは獣医師さんお勧めのものを

小型犬大型犬を問わず犬を飼っている家庭はとても多くあります。
当然のことながら飼っている犬たちにも食事はとても大切なものです。
与えるドッグフードも犬の体に良いものを選びたいところです。
大型量販店やホームセンターなどに行くととても多くの種類のものが置いてあります。
パッケージを手に取り書いてある成分表示や謳い文句などを見ると、どれを与えても大差がなく犬の健康に配慮した文章が多く目立ちます。
ですが犬も生き物で生活する環境もそれぞれ違います。
与えても体に悪いと言うことはないでしょうが、選ぶ上で一番お勧めで参考になるのがかかりつけの獣医師さんのアドバイスだと考えます。
犬の診察をする上で体のことはよく分かっています。
健康状態や栄養状態なども把握しています。
やはりそのような立場の人のアドバイスはとても参考なり、決してマイナスにはならないものです。
アドバイスの結果で多少値段が高いドッグフードを勧められることもあるかと思いますが、そこは可愛い飼い犬が元気で長生きしてくれることを願って出費することが飼い主の務めであるとも言えます。
長く一緒に生活する上での必要経費と考えてドッグフードへの出費は惜しまないようにすることが大切です。